仏教を中心とする人文系学術書の出版社です。

品切れ

品切れ

仏教一般

■ 杉本卓洲 著
 インド・ジャータカ図の研究

インド・ジャータカ図の研究

ブッダやその周囲の人々の前生の物語・ジャータカは、インドの仏教美術において様々に表現された。本書は、それらを数百点の図版と共に集成し、典拠、先行研究、表現の特徴の詳細を明らかにつつ、「菩薩」思想の形成過程に迫る。この分野のベテラン研究者による、インド仏教文化史研究で必携の一冊!
【著者紹介】杉本卓洲:金沢大学名誉教授
A5判上製592頁  品切れ
ISBN978-4-907022-23-5

■ 津田明雅 著
 ナーガールジュナの讃歌 ―諸著作の真偽性とあわせて―

ナーガールジュナの讃歌

空を理論化して、大乗仏教全体の祖となったナーガールジュナ(龍樹)が、広く教えを伝えるために作った様々な讃歌。本書では、彼の主要著作と共に、それらの讃歌に検討を加え、各讃歌の原典と和訳を対照して集成する。仏の〈智慧と慈悲〉を美しい言葉で讃えた彼の讃歌への、わが国で初めての本格的研究書。
【著者紹介】津田明雅:文学博士(京都大学)
A5判上製572頁  品切れ
ISBN978-4-907022-15-0

■ 瓜生津隆真・中沢 中 訳
 全訳 チャンドラキールティ 入中論

入中論

龍樹の諸論と、原始仏教から大乗仏教に及ぶ膨大な経論を駆使して、チャンドラキールティ(6 〜7 世紀)が空の立場から十地の菩薩道と、それによって到達する仏の世界を論じたインド大乗不朽の名著を、流麗な現代日本語で全訳。本頌と自註に加え、要所にはジャヤーナンダによる復註を註記。龍樹研究に生涯をかけた碩学と、近代仏教学とチベット仏教の生きた伝統を踏まえた気鋭の解説を付す。
【訳者紹介】瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授・文学博士/中沢中:真言宗僧侶
A5判上製428頁  品切れ
ISBN978-4-907022-01-3

■ 横山 剛 訳
 全訳 チャンドラキールティ 中観五蘊論

中観五蘊論

『中論』注釈者として名高いチャンドラキールティが、部派仏教の「アビダルマ(存在の分析)」を「五蘊」を中心に要約しつつ、自身の「空の思想」からコメントを加えた『中観五蘊論』。本書は、そのチベット訳に基づきつつ、回収可能なサンスクリット原文とその和訳を注記した、初めての全訳。中観派に受容された「仏教の基礎学」としてのアビダルマの全貌を提示する。
【訳者紹介】横山 剛:博士(文学)、岐阜大学高等研究院特任助教
A5判上製292頁  品切れ
ISBN978-4-907022-19-8

■ 志賀浄邦 著
 シャーンタラクシタ『真実集成』の原典研究 ―業報・論理・時間―

『真実集成』の原典研究

インド大乗仏教の巨匠・シャーンタラクシタ(8世紀)が、仏教内外の哲学的問題を「縁起」の立場から考察した『真実集成(タットヴァサングラハ)』。本書は、詳細な解題と、弟子のカマラシーラの注釈と共に、三章分の和訳と校訂テキストを収録し、インド仏教哲学の神髄に迫る。名前は有名だったものの、一般に手に取る機会に乏しかった古典の、待望の書籍化!
【著者紹介】志賀浄邦:京都産業大学教授
A5判上製580頁/カラー口絵2頁  品切れ
ISBN978-4-907022-22-8

■ 望月海慧 訳
 全訳 アティシャ 菩提道灯論

菩提道灯論

部派仏教の戒律、大乗の智慧と慈悲、密教の速やかに悟りに至る道。本書は、この三つの教えを「一人の人間が順に歩むべき道」として統合し、インド仏教の展開を集大成すると共に、今日に至るチベット仏教「道次第(ラムリム)」の伝統の出発点となった、歴史的名著である。アティシャの本偈と自注に加えて、パンチェン・ラマ1世などのチベットを代表する注釈と科文を付す。
【訳者紹介】望月海慧:身延山大学教授
A5判上製384頁  品切れ
ISBN978-4-907022-08-2

■ 渡辺章悟・高橋尚夫 編
 般若心経註釈集成〈インド・チベット編〉

般若心経註釈集成〈インド・チベット編〉

大乗仏教が広まった全ての地域で、広く唱えられている『般若心経』。本書は、チベット大蔵経収録のインド・チベット撰述の註釈全8本と、それ以外のチベットを代表する註釈3本を全訳・解説した、わが国で初めての一冊。総論では『般若心経』の成立と註釈への展開を詳説し、インド直系の伝統に基づく『般若心経』解釈の全貌を明らかにする。
【編者紹介】渡辺章悟:東洋大学教授/高橋尚夫:大正大学名誉教授
A5判上製404頁  品切れ
ISBN978-4-907022-09-9

■ 渡辺章悟・高橋尚夫 編
 般若心経註釈集成〈中国・日本編〉

般若心経註釈集成〈中国・日本編〉

インドから帰った玄奘三蔵の漢訳により、広く流布した『般若心経』。本書は、東アジア仏教の基本が確立した唐代と、それを承けた奈良・平安時代の註釈から、唯識では玄奘門下による2本と、中観・華厳・天台・禅・密教の6本を和訳し、解説を加える。東アジアにおける『般若心経』解釈の広がりを展望する1冊。
【編者紹介】渡辺章悟:東洋大学教授 / 高橋尚夫:大正大学名誉教授
A5判上製472頁  品切れ
ISBN978-4-907022-13-6


■ 藤仲孝司・中御門敬教 著
 インド・チベット浄土教の研究 ―大乗菩薩道としての展開―

インド・チベット浄土教の研究

極楽往生を願う浄土教は、インド・チベットでは密教とも結びつきつつ、独自の展開を遂げた。本書は重要文献の和訳と関連資料の精査に基づき、そうした展開に「大乗菩薩道」「極楽浄土の選択」「密教の成就法」「東アジア浄土教との関連」…などの様々な角度から検討を加え、浄土教への新たな視点を提示する。
【著者紹介】藤仲孝司:元佛教大学総合研究所嘱託研究員 / 中御門敬教:知恩院浄土宗学研究所研究員
A5判上製580頁  品切れ
ISBN978-4-907022-14-3

密教関係

■ 北村太道 訳
 『大日経』系密教 原典研究叢刊1 蔵文和訳 大日経

大日経

『大日経』は『初会金剛頂経』と共に日本密教の根本経典とされ、冒頭の「住心品」は、空海の「十住心思想」に決定的な影響を与えた。また、インド・チベット密教でもマンダラ作壇・灌頂などの儀礼や、菩提心や本尊瑜伽についての考え方では、「密教の基礎」として大きな役割を果たしている。本書は、訳者長年の研究成果を踏まえて、サンスクリット原典の面影を伝えるチベット訳同経の本体部分を、平易に全訳したものである。
【訳者紹介】北村太道:種智院大学名誉教授
A5判上製204頁/カラー口絵2頁  品切れ
ISBN978-4-907022-17-4

■ 北村太道・タントラ仏教研究会 訳
 『金剛頂経』系密教 原典研究叢刊3
 全訳 降三世大儀軌王 / 同 ムディタコーシャ註釈

降三世大儀軌王

『初会金剛頂経』「降三世品」の釈タントラとされ、不空『十八会指帰』における第四会の『金剛頂経』とも言われるインド密教の重要経典を、註釈と共に全訳。「欲即菩提」と、衆生済度の「忿怒の方便」を説き、『初会金剛頂経』はもとより、『理趣経』、さらには後期密教の成立を知る上にも、重要な示唆を与える一冊である。
【訳者紹介】北村太道:種智院大学名誉教授・タントラ仏教研究会代表
A5判上製316頁/カラー口絵1頁  品切れ
ISBN978-4-907022-04-4

■ 北村太道 著
 『金剛頂経』系密教 原典研究叢刊4
 初会金剛頂経概論 『タントラ義入』の研究
 ─ブッダグヒヤ本論・パドマヴァジュラ註釈の全訳と解説─

タントラ義入の研究

わが国の密教で『大日経』と共に重視される『初会金剛頂経』。
本書は、両者に精通したインド密教の大学匠ブッダグヒヤ(8世紀)が、『初会金剛頂経』のエッセンスを解明した『タントラ義入』を、パドマヴァジュラによる詳細な註釈と共に全訳・解説。巻末には関連論文14本も収録し、著者半世紀にわたる『金剛頂経』研究の全貌を提示する。
【著者紹介】北村太道:種智院大学名誉教授
A5判上製1268頁/カラー口絵14頁  品切れ
ISBN978-4-907022-10-5

■ 北村太道 著
 チベット密教儀礼の研究 ─文献と現地調査による解明─

チベット密教儀礼の研究

インド密教の原型を今に伝える、チベットの密教儀礼。本書は、現地での修法の調査と、その典拠となる儀軌の和訳により、マンダラ地儀軌・灌頂・護摩などの基本儀礼と密教法具を中心に、その全貌を解明した、わが国で初めての研究書。チベット密教各派の儀礼の「生きた姿」を示した、貴重な記録である。図版多数。
【著者紹介】北村太道:種智院大学名誉教授
A5判上製592頁/カラー口絵2頁  品切れ
ISBN978-4-907022-21-1

■ 北村太道 編
 毘沙門天信仰とその伝播 ─アジア各地における展開─

毘沙門天信仰とその伝播

四天王の一つとして北方守護に当たり、また、福を授ける〈財宝尊〉として信仰された毘沙門天。本書は、ヴェーダ、初期仏典などの起源から密教に至る展開、さらには、アジア各地への伝播を探った、仏教における〈天部信仰〉の画期的研究書である。カラー口絵、本文挿図、インド・チベットの儀軌和訳も多数収録。
【編者紹介】北村太道:種智院大学名誉教授
A5判上製628頁/カラー口絵36頁  品切れ
ISBN978-4-907022-25-9

■ 静 春樹 著
 ガナチャクラと金剛乗 ─後期インド仏教論の再構築を目指して─

ガナチャクラと金剛乗

インド仏教史の掉尾を飾る金剛乗(後期密教)における集団的修法「ガナチャクラ(聚輪)」。本書は、「タントラの祝宴」ともいうべきその儀礼から、出家と在家、反カースト、女性観など様々な問題にアプローチし、「危機の時代」を生きた仏教徒たちのアイデンティティに迫る画期的な研究である。後半には、インド・チベットの関連儀軌の和訳とテクストを収録。
【著者紹介】静春樹:高野山大学密教文化研究所研究員・京都精華大学非常勤講師
A5判上製512頁  品切れ
ISBN978-4-907022-07-5

■ 安田章紀 著
 ニンティクの研究 ―ロンチェンパの思想を中心に―

ニンティクの研究

チベット仏教最古の宗派・ニンマ派で、全仏教の頂点に位置づけられるゾクチェン(大いなる完成)。本書は、その奥義とされるニンティク(心髄の滴)を、ニンマ派を代表する学匠ロンチェンパ(14 世紀)の著作を中心とする原典自身の言葉によって解明した本格的研究書。「ロンチェンパ要文集」としての面も持つ一冊である。
【著者紹介】安田章紀:京都大学こころの未来研究センター研究員
A5判上製520頁  品切れ
ISBN978-4-907022-11-2

■ 槇殿伴子 著
 チベット建国説話と観自在信仰
 ─『マニ・カンブン』「偉大なる歴史章」を中心に─

チベット建国説話と観自在信仰

チベットの観自在(観音)信仰の「原点」となる埋蔵経(テルマ)『マニ・カンブン』。本書は、その「六字真言」念誦による浄土往生、マハームドラー・ゾクチェン・大中観に基づく密教的成仏を解明し、「建国と救済の物語」である「偉大なる歴史章」の和訳とテキストを付した、わが国で初めての本格的研究書。
【著者紹介】槇殿伴子:Dr. Phil, 身延山大学国際日蓮学研究所研究員
A5判上製588頁
ISBN978-4-907022-20-4  品切れ

■ 安元 剛 著
 密教美術形成史の研究 ―北西インドを中心として―

密教美術形成史の研究

「ガンダーラ仏」で知られる北西インドでは、東西文明のせめぎ合いの中で、密教の時代まで仏教が存続し、その影響は中国やチベットにまで及んだ。本書は、その密教美術の形成過程と思想的背景を総合的に分析した、わが国で初めての本格的研究書。世界史的視野から「密教美術の誕生」に迫る。図版多数。
【著者紹介】安元 剛:密教美術研究家、起心書房代表取締役
A5判上製604頁/カラー口絵4頁  品切れ
ISBN978-4-907022-16-7

■ 安元 剛 著
 詩文集 虚空の歌

虚空の歌

求道と、夢と。……仏教で、空の真理を象徴する「虚空」。本書は、それを体現する密教の女神を、人生の万象を以て憶念し、讃えようとした、宗教文学の新たな試みである。巻末では、東西の精神的伝統を展望しつつ、著者の宗教哲学的な言語論と共に収録作品を解説。さらには「揺れ動く現代」のただ中での仏教学術書出版への想いを語る。
【著者紹介】安元 剛:密教美術研究家、起心書房代表取締役
B6判上製172頁/カラー口絵2頁  品切れ
ISBN978-4-907022-00-6

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional