仏教を中心とする人文系学術書の出版社です。

品切れ

品切れ

仏教一般

■ 瓜生津隆真・中沢 中 訳
 全訳 チャンドラキールティ 入中論

入中論

龍樹の諸論と、原始仏教から大乗仏教に及ぶ膨大な経論を駆使して、チャンドラキールティ(6 〜7 世紀)が空の立場から十地の菩薩道と、それによって到達する仏の世界を論じたインド大乗不朽の名著を、流麗な現代日本語で全訳。本頌と自註に加え、要所にはジャヤーナンダによる復註を註記。龍樹研究に生涯をかけた碩学と、近代仏教学とチベット仏教の生きた伝統を踏まえた気鋭の解説を付す。
【訳者紹介】瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授・文学博士/中沢中:真言宗僧侶
A5判上製428頁  品切れ
ISBN978-4-907022-01-3

【目 次】
中観仏教における菩薩道の展開─『入中論』を中心として─(瓜生津隆真)
入中論
 科 段
 入中論(本頌)
 入中論自註
   序
   歓喜という第一発心  離垢という第二発心
   発光という第三発心  焔慧という第四発心
   難勝という第五発心  現前という第六発心
   遠行という第七発心  不動という第八発心
   善慧という第九発心  法雲という第十発心
   菩薩地の功徳     仏地の功徳
   結
『入中論自註』 評釈─ジャータカからマンダラまで─(中沢 中)

■ 横山 剛 訳
 全訳 チャンドラキールティ 中観五蘊論

中観五蘊論

『中論』注釈者として名高いチャンドラキールティが、部派仏教の「アビダルマ(存在の分析)」を「五蘊」を中心に要約しつつ、自身の「空の思想」からコメントを加えた『中観五蘊論』。本書は、そのチベット訳に基づきつつ、回収可能なサンスクリット原文とその和訳を注記した、初めての全訳。中観派に受容された「仏教の基礎学」としてのアビダルマの全貌を提示する。
【訳者紹介】横山 剛:博士(文学)、岐阜大学高等研究院特任助教
A5判上製292頁  品切れ
ISBN978-4-907022-19-8

【目 次】
はじめに
第一部 『中観五蘊論』について
 1.先行研究
  1.1. チベット語訳のテキスト研究
  1.2. 翻訳研究と思想研究
 2. 基本事項の整理と検討
  2.1. チベット語訳について
  2.2. サンスクリットの回収について
  2.3. 著者について
  2.4. 書名について
  2.5. 著作目的
  2.6. 構成と内容の概観
  2.7. 諸法の一覧
第二部 『中観五蘊論』和訳
  シノプシス
  和 訳
  参考資料

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional