仏教を中心とする人文系学術書の出版社です。

仏教一般

サールナート
                         サールナートの部材(6世紀頃)

仏教一般

■ 瓜生津隆真・中沢中 訳
 全訳 チャンドラキールティ 入中論

入中論

龍樹の諸論と、原始仏教から大乗仏教に及ぶ膨大な経論を駆使して、チャンドラキールティ(6〜7世紀)が空の立場から十地の菩薩道と、それによって到達する仏の世界を論じたインド大乗不朽の名著を、流麗な現代日本語で全訳。本頌と自註に加え、要所にはジャヤーナンダによる復註を註記する。龍樹研究に生涯をかけた碩学と、近代仏教学とチベット仏教の生きた伝統を踏まえた気鋭の解説を付す。
【訳者紹介】瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授・文学博士 / 中沢中:真言宗僧侶
A5判上製428ページ  定価9, 504円(税込)
ISBN978-4-907022-01-3

【目 次】
中観仏教における菩薩道の展開 ─『入中論』を中心として─(瓜生津隆真)
入中論
 科 段
 入中論(本頌)
 入中論自註
   序
   歓喜という第一発心  離垢という第二発心
   発光という第三発心  焔慧という第四発心
   難勝という第五発心  現前という第六発心
   遠行という第七発心  不動という第八発心
   善慧という第九発心  法雲という第十発心
   菩薩地の功徳     仏地の功徳
   結
『入中論自註』 評釈 ─ジャータカからマンダラまで─(中沢中)

■ クンチョック・シタル / 奥山裕 訳
 全訳 ツォンカパ 中論註『正理の海』

正理の海

仏教の核心「縁起と空」を明らかにした、ナーガールジュナの『中論』を、チベット仏教ゲルク派の祖が、インド諸註の膨大な蓄積を踏まえて、詳細かつ明快に解明した大著を、わかりやすく全訳。『中論』偈頌は、チベット訳と和訳を対照。巻末には、ツォンカパが求道の転機に、縁起を説いた釈尊を讃えて歌いあげた『縁起讃』を付す。
【訳者紹介】クンチョック・シタル:チベット仏教普及協会副会長 / 奥山裕:同会員
A5判上製912頁  定価17, 280円(税込)
ISBN978-4-907022-06-8

【目 次】(要約)
はじめに(クンチョック・シタル)
科 文
『般若と呼ばれる根本中論頌』の解説 ─正理の海─
 序 論
 書名 / 帰敬序
 全27章の解説
 結 論
縁起讃
あとがき(奥山裕)

■ 現銀谷史明 / ガワン・ウースン・ゴンタ 訳
 全訳 ダライ・ラマ1世 倶舎論註『解脱道解明』

倶舎論註『解脱道解明』

仏教の人間観・世界観を詳細に説き、「仏教の基礎学」として北伝仏教で広く親しまれた『倶舎論』。本書は、ダライ・ラマ1 世ゲンドゥンドゥプ(1391-1474)が、インド・チベットの諸註を踏まえて、その全偈頌を明快に解説した格好の「倶舎論入門」である。序論ではチベットにおける『倶舎論』伝承史も詳説。
【訳者紹介】現銀谷史明:東洋大学東洋学研究所客員研究員 / ガワン・ウースン・ゴンタ:チベット仏教普及協会講師
A5判上製640頁  定価13, 824円(税込)
ISBN978-4-907022-12-9

【目 次】
序 論
倶舎論註『解脱道解明』
 第一章 界 品
 第二章 根 品
 第三章 世間品
 第四章 業 品
 第五章 随眠品
 第六章 賢聖品
 第七章 智 品
 第八章 定 品
 結 語
あとがき

■ 望月海慧 訳
 全訳 アティシャ 菩提道灯論

菩提道灯論

部派仏教の戒律、大乗の智慧と慈悲、密教の速やかに悟りに至る道。本書は、この三つの教えを「一人の人間が順に歩むべき道」として統合し、インド仏教の展開を集大成すると共に、今日に至るチベット仏教「道次第(ラムリム)」の伝統の出発点となった、歴史的名著である。アティシャの本偈と自注に加えて、パンチェン・ラマ1世などのチベットを代表する注釈と科文を付す。
【訳者紹介】望月海慧:身延山大学教授
A5判上製384頁  定価8, 316円(税込)
ISBN978-4-907022-08-2

【目 次】
序論 アティシャと『菩提道灯論』
第一部 アティシャ『菩提道灯論』『菩提道灯論細疏』
 『菩提道灯論』
 『菩提道灯論細疏』
第二部 チベット撰述『菩提道灯論』の注釈と科文
 パンチェン・ラマ1世注
 ロプサン・ペルデン注
 チャンキャ・ルルペー・ドルジェ科文

■ 渡辺章悟・高橋尚夫 編
 般若心経註釈集成〈インド・チベット編〉

般若心経註釈集成〈インド・チベット編〉

大乗仏教が広まった全ての地域で、広く唱えられている『般若心経』。本書は、チベット大蔵経収録のインド・チベット撰述の註釈全8本と、それ以外のチベットを代表する註釈3本を全訳・解説した、わが国で初めての一冊。総論では『般若心経』の成立と註釈への展開を詳説し、インド直系の伝統に基づく『般若心経』解釈の全貌を明らかにする。
【編者紹介】渡辺章悟:東洋大学教授/高橋尚夫:大正大学名誉教授
A5判上製404頁  定価8, 856円(税込)
ISBN978-4-907022-09-9

【目 次】
総論 『般若心経』の成立と註釈への展開(渡辺章悟)
カマラシーラ註(渡辺章悟訳)
ヴィマラミトラ註(大八木隆祥訳)
シュリーシンハ・ヴァイローチャナ註(高橋尚夫訳)
ジュニャーナミトラ註(望月海慧訳)
ブラシャーストラセーナ註(渡辺章悟訳)
アティシャ註(望月海慧訳)
シュリーマハージャナ註(現銀谷史明訳)
ヴァジュラパーニ註(高橋尚夫訳)
ゴク・ロデンシェーラプ註(現銀谷史明訳)
ロントゥン註(現銀谷史明訳)
ターラナータ註(現銀谷史明訳)
あとがき(高橋尚夫)

■ 中沢中 訳
  カルマ・チャクメ本偈、ソナム・チュードゥプ註釈
 全訳 極楽誓願註  ─チベット浄土教講義録─

極楽誓願註

カルマ・チャクメ(17世紀)の『極楽誓願』は、宗派を超えて愛唱される、チベット浄土信仰の基本文献である。本書は、その本偈と著者自身の『覚書』に加えて、近世チベット仏教の復興者パトゥル・リンポチェ(19世紀)の講義の面影を伝えるソナム・チュードゥプ(19〜20世紀)の詳細な註釈を全訳。巻末に、大乗の真髄とリメー(超宗派)運動の展開を縦横に論じる、訳者の詳しい解説を付す。
【訳者紹介】中沢中:真言宗僧侶
A5判上製360頁  定価7, 776円(税込)
ISBN978-4-907022-05-1

【目 次】
はじめに
極楽誓願(カルマ・チャクメ)
極楽誓願覚書(カルマ・チャクメ)
科 段
 ソナム・チュードゥプ著『極楽誓願註』科段
 パトゥル・リンポチェ著『チャクメ極楽誓願』科段
極楽誓願註(ソナム・チュードゥプ)
解 説

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional